ミシュランガイド台湾でビブグルマン獲得「杭州小籠湯包」の小籠包がオススメ!!

この記事はだいたい 6 分前後で読めます。

ミシュランガイド台湾でビブグルマンを獲得した台湾/台北にある小籠包の名店を紹介します。

杭州小籠湯包

杭州小籠湯包は、日本で言うところの大衆食堂の様なお店ですが、観光客の来店も多く、誰でも気軽に入れて気軽に食べられるお店です。

料理の味は、保証付き!!
お店の入り口には、ミシュラン獲得年のシールが貼られています。

ミシュランガイド ビブグルマン獲得店とは?

豪華なレストランに限らず、街の食堂まで含め、「価格以上の満足感が得られる料理」を提供するお店です。

杭州小籠湯包の場所

杭州小篭湯包の場所は、台湾の地下鉄(MRT)中正記念堂駅から、徒歩15分(800m)のところにあります。

まずは、中正記念堂駅の改札を出たら、「出口3」を目指してください。あとは、Googleマップの案内に従えば、迷う事なく、杭州小篭湯包を目指すことができます。

杭州小籠湯包の営業時間

杭州小篭湯包の営業時間は、

平日
※火曜日は定休日
11:00~14:30
16:30~21:00
土日11:00~14:30
16:30~21:00

OPEN10分前にお店を訪問しましたが、すでに待っている人がいました。ピーク時間の訪問は避けた方が良さそうです。

杭州小籠湯包の店内

杭州小篭湯包の店内は、

オープンキッチンがあり、

広々とした客席があります。客席のテーブルと椅子の高さは低めです。子供や高齢者にも配慮された設計です。

杭州小篭湯包は、ローカル食堂ですが、衛生的です。

杭州小籠湯包での注文方法

杭州小篭湯包での注文方法は、

メニューブックから、食べたいメニューを選んで、

オーダーシートに注文数を記入します。記入が終わったら、オーダーシートを店員に渡せば、注文完了です。会計は、食後にレジで支払います。

飲料 20元(約95円)は、セルフです。オーダーシートで注文したのなら、客席フロアの中央にある冷ケースに取りに行きます。

いろいろな種類の中から好きな飲料を選んでください。

小菜もセルフです。オーダーシートで注文してから、取りに行きましょう。

小菜とは?

小皿に盛り付けられたおかずの事です。野菜を炒めたり、煮込んだものが、中心です。

どれを選んでも、50元(約237円)です。

冷ケースの下段には、魚料理がありましたが、280〜350元(約1,327〜1,658円)と、かなり高価です。

杭州小籠湯包のメニュー

杭州小篭湯包のメニューは、

写真付きメニューで、

しかも、日本語表記付きです!!

杭州小籠湯包のおすすめメニュー

杭州小篭湯包のおすすめメニューを紹介します。

杭州小篭湯包のメニューは、1品あたり200元(約948円)を下回る料理が中心です。おすすめメニューは、当然、小籠包なのですが、サイズが選べない事が、色々な種類を食べたい時に、難点!!

小籠湯包

小籠湯包 170元(806円)

台湾の小籠包としては、やや皮が厚めですが、生地のおいしさが伝わって来ます。鼎泰豊の小籠包の様な精巧さはありませんが、それが逆に、ローカル感、家庭感を感じる小籠包になっています。

関連記事
image
台湾旅行をするなら、必ず、鼎泰豐(ディンタイフォン)に行くべし!!鼎泰豐(ディンタイフォン)は、NewYorkTimes紙で、世界の10大レストランに選ばれた、名店中の名店!!……

豆沙鍋餅

豆沙鍋餅 160元(758円)

ゴマ団子を、ピザの様な形状にしたデザートです。あんこがギッシリ詰まっているので、1人2切れ位が、ちょうど良い量でしょう。

最後に

杭州小篭湯包は、観光地のお店という印象です。お店の近くには、台湾の3大観光名所、

中正紀念堂があるので、時々、団体客が一気に押し寄せてきます。訪問するなら、OPEN直後の11時がオススメです!!

※この記事内の情報(商品内容、商品価格)は、2023年7月時点のものとなります。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ