台湾/台北のローカルフード「水煎包」を食べるなら、駅近便利な「老蔡水煎包」がオススメ!!

この記事はだいたい 5 分前後で読めます。

台湾/台北駅周辺で、ローカルフード「水煎包」が美味しいお店を紹介します。

老蔡水煎包(漢口店)

老蔡水煎包(漢口店)は、水煎包の専門店です。水煎包とは、別名「焼き小籠包」と言えば、分かりやすいでしょう。発酵させた生地で具材を包んでから、生地の両面を蒸し焼きにした中華まんです。

老蔡水煎包(漢口店)は、小さなお店ですが、店内で手作りしている水煎包を、朝早くから、夜遅くまで、提供しています。水煎包は、ローカルフードなので、とてもリーズナブルです!!

老蔡水煎包(漢口店)の場所

老蔡水煎包(漢口店)の場所は、

台北駅から、

徒歩7分(500m)の距離にあります。

なので、あっと言う間に、お店が見えて来ます。

老蔡水煎包(漢口店)の営業時間

老蔡水煎包(漢口店)の営業時間は、

平日06:00〜22:00
土日06:00〜22:00

朝早くから営業しているので、朝食利用にオススメなお店すが、夜も遅くまで営業しています。いつでも小腹が空いた時に利用できる便利なお店です。

老蔡水煎包(漢口店)の店内

老蔡水煎包(漢口店)の店内には、

イートインスペースがあります。すこし汚さを感じる店内ですが、テーブルの上に汚れはありませんでした。食器を使って飲食する事はないので、座るだけなら、良しとしましょう。

老蔡水煎包のメニュー

老蔡水煎包のメニューは、

水煎包が3種類(肉まん、キャベツまん、ニラまん)とドリンク6種類のシンプルな構成です。どのメニューも20元(約95円)以下です。ローカル民が注文しているところを見ていると、水煎包2つとドリンクがスタンダードな注文の様です。

掲示されているメニュー表には、日本語表記がありますが、店員には日本語は通じません。ですが、スマホでメニュー表を撮影し、その写真を指差し注文すれば、言葉の壁に悩まされることなく、スムーズに注文できます。

老蔡水煎包のおすすめメニュー

老蔡水煎包のオススメメニューを紹介します。

メニュー数は、少ないですが、日本では見かけないメニューがあります。どのメニューを選んでも、ハズレはありませんので、まずは、珍しいメニューから注文してみる事、オススメします。

韮菜包(ジュウツァイパオ)

韮菜包 17元(約81円)

日本では、珍しいニラまんです。ずっしりと重さがあり、割ってみるとニラがギッシリ入っています。ニラの他、春雨と炒り卵も入っています。海外を旅していると、野菜不足になりがちなので、貴重な一品です。

生地は重くなく、フワッと軽い食感です。それでいて、焼き目のパリッと感や、蒸したしっとり感もあるので、食感のコントラストが最高!!

最後に

老蔡水煎包は、チェーン展開しています。

だから、台北市内を歩いていると、至る所で老蔡水煎包を見かけますが、老蔡水煎包は、基本、持ち帰り専門店です。訪問するなら、イートインスペースがある漢口店がオススメです!!

目の前で、水煎包を作っている光景を見ながら、食事をすることができます。

※この記事内の情報(商品内容、商品価格)は、2023年7月時点のものとなります。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ