台湾/台北でルーロー飯を食べるなら、台北駅から徒歩5分のローカル食堂「大稻埕魯肉飯」がオススメ!!

この記事はだいたい 4 分前後で読めます。

台湾/台北駅から徒歩圏内のローカル食堂を紹介します。

大稻埕魯肉飯

大稻埕魯肉飯は、創業から半世紀を超える老舗です。路地裏にある隠れた名店ですが、連日、ローカル民で行列ができています。看板メニューのルーロー飯は、もちろんのこと、色々な台湾飯が食べられます。

大稻埕魯肉飯の場所

大稻埕魯肉飯は、

台北駅北側にあります。徒歩5分(約350m)の場所です。

大稻埕魯肉飯の営業時間

大稻埕魯肉飯の営業時間は、

平日11:00〜20:00
土日11:00〜20:00

平日の19時台に訪問しましたが、10名程度の行列ができていました。ですが、日本の牛丼チェーンの様に回転が早く、列に並ぶ事10分程度で席に座ることが出来ました。

大稻埕魯肉飯の店内

大稻埕魯肉飯の店内は、真新しく、衛生的です。4名席が並んでいます。相席になる事も、しばしばありますが、女性1名客の利用も見受けられました。

初めてでも、一人でも、入りやすい店内です。

大稻埕魯肉飯での注文方法

大稻埕魯肉飯での注文方法は、

テーブルに着席し、オーダーシートに注文数を記入します。会計は、食後に行います。

大稻埕魯肉飯のメニュー

大稻埕魯肉飯には、

写真付きメニューがあり、日本語版もあります。メニュー構成は、丼メニューと、

一品料理の構成で、ビールもあるのが、うれしい品揃えです。

大稻埕魯肉飯のおすすめメニュー

大稻埕魯肉飯は、ルーロー飯の名店ですが、控肉飯や、腿庫飯も、オススメです。

控肉飯豚バラ肉丼
腿庫飯豚モモ肉丼

好みが分かれますが、豚足の煮込み飯もあります。

控肉飯+魯鴨蛋

控肉飯 75元(約335円)+魯鴨蛋 20元(約95円)

控肉飯とは、台湾北部のローカルフードで、柔らかく煮込まれた豚バラ肉が、ご飯に乗っている丼ぶりです。魯鴨蛋(アヒルの煮卵)をトッピング注文しました。

柔らかく煮込まれた豚バラ肉は、レンゲで簡単に切れました。見た目ほど、脂っぽさはなく、丁度よく脂が抜けていて、代わりに煮汁がたっぷりと染み込んでいます。煮汁には、八角の香りがなく、日本人でも食べやすい味付けになっています。

最後に

大稻埕魯肉飯には、閉店間際に到着したので、売切れてしまった商品が、いくつかありました。大稻埕魯肉飯は、路地裏の名店です。なので、Googleマップを見ながらお店を目指しても、少し迷ってしまうこともあるでしょう。さらには、絶えず行列ができるお店です。ゆとりを持った計画で、訪問する事をオススメします。

※この記事内の情報(商品内容、商品価格)は、2023年7月時点のものとなります。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ