水戸プラザホテル 宿泊記

この記事はだいたい 11 分前後で読めます。

2022年8月、
茨城県水戸市にある
森の中の迎賓館をコンセプトとするホテル、

水戸プラザホテルに
宿泊しました。

水戸プラザホテルは、
市街地にありながら、

森の中に引き込まれたような、
非日常空間を演出してくれる
癒されるホテルです。

そして、

レトロ!!

水戸プラザホテルは、
2001年にオープンしたホテルですが、
昭和?大正?明治?に作られたホテルの様な

館内の演出が、
まさに迎賓館です。

水戸プラザホテルは、

口の字に客室が並んでいて、

中庭には、

吹き抜けの
アトリウムガーデンパークがあり、

カフェや、レストランが、
並びます。

毎週末、訪れたくなる
大人の休日なホテルです。

水戸プラザホテルに宿泊したプラン

今回、
楽天トラベルにて、宿泊予約を行いました。

宿泊プラン【夏秋旅セール】
■朝食付
■洋食または和食をご用意~森の中の迎賓館で寛ぎのひと時を
客室ツイン
◆42平米
宿泊料金
※参考価格
1名利用時
税込21,000〜24,500円/人

駐車場が無料なので、
総支払額としては、リーズナブル!!

水戸プラザホテルへのアクセス

電車JR水戸駅・南口よりタクシー約15分
・常磐自動車道  水戸ICより  約10分
・北関東自動車道 水戸南ICより 約10分

水戸プラザホテルにチェックイン

正門を抜けると、

市街地から、突然、森の中に
迷い込んだ様に

進むと、
館が見えてきます。

水戸プラザホテルの
エントランスに到着

自転車があります??

ホテルのレンタル自転車でした。
1日税込1,100円

チェックインカウンターで、
チェックイン完了!!

見たことがない、
ルームキーを渡されました。

エレベーターで客室に向かいます。

水戸プラザホテルは、
5階建ての低層棟なので、
常時エレベーターにすぐに乗れました

水戸プラザホテルの客室

エレベーターを降り、

客室に向かいます。

客室フロアでは、
クラシック音楽が流れていました。

客室に到着

扉を開けると、

リーズナブルな宿泊料金なのに、
42平米もある客室なので、広い!!

そして、レトロです。

何日も滞在したくなる客室

ベットは、
高級ベットメーカー「シモンズ」製です。

レトロなホテルですが、
ベットサイドには、USB電源があります。

眺望(ちょうぼう)は、残念ですが、

ドレッサーが、ありました。

光が差し込む、
広々した、デスクもあります。

Wi-Fiは、爆速でした。

ベット正面には、
大きなテレビがあり、

テレビの下には、
金庫がありました。

室内着もあり、

無料のミネラルウォーターと、ドリップマシンがあります。

コーヒーと、お茶は、無料ですが、

スナック類と、

冷蔵庫に入っている飲み物は、
有料です。

ご注意!!

スリッパ

消臭剤

バスルームを見てみます。

洗面台が2つあります。
スイートルームの様です。

アメニティ

ドライヤー

トイレ

バスルームも広い!!

シャワーが、2つあります。

水戸プラザホテルの客室、
レトロな設計ながら、

Wi-Fiが爆速だったり、
有料ですが、
色々なドリンクが常備されていたり、

ホスピタリティー溢れる
客室でした。

水戸プラザホテルのラウンジサービス

水戸プラザホテルには、

リラクゼーションラウンジがあります。

リラクゼーションラウンジは、
水戸プラザホテル3階にあります。

中庭(アトリウムガーデンパーク)を見下ろせる席も
あります。

そして、なんと!!

水戸プラザホテルのリラクゼーションラウンジでは、
宿泊者全員に無料で、

ウェルカムドリンクが、
提供されています。

アルコールもありましたが、
アイスコーヒーを注文しました。

2杯目からは、有料となります。

さらに、なんと!!

モーニングドリンクサービスなるものがあり、

朝も無料で、
アイスコーヒーを飲む事ができました。

■リラクゼーションラウンジ営業時間

ウェルカムドリンクサービスPM17:00〜PM20:00
モーニングドリンクサービスAM08:00〜AM10:00

水戸プラザホテルの夕食

水戸プラザホテルの周辺には、
あまり飲食店がありません。

隣接して、マックがあるくらいです。

水戸プラザホテルで、
夕食を食べることにしました。

和洋中、お店がありますが、
ホテルのレストラン、とても高そうです。

思い切って、

中華料理の名店「四川飯店」に、
入ることにしました。

そして、

四川飯店と言えば、
タンタン麺でしょう。

世の多くのお店が、
四川飯店のタンタン麺を
モデルにして、アレンジして、
販売しています。

四川名菜タンタン麺・税込1,500円

胡麻部分と醤油スープ部分の
階層に分かれたスープで、

クリーミーなのに、ピリ辛スープな部分も
楽しめ、とても厚みのある

胡麻香る芳醇なスープ!!

しなやかな、中華麺!!

柔らか目ながら、
強さがあって、

ストレート麺ながら、
たっぷりとスープを持ち上げてくれる
重要な役割を果たしている中華麺です。

クリーミーな濃いスープに、
素朴な中華麺なのですが、

なぜか、中華麺の味わいと旨さ、
味覚で、しっかり感じます。

四川飯店のタンタン麺、
流石という、一杯でした。

サービス料も請求されず、
意外にリーズナブルな料金でした

プチ贅沢気分な夕食を楽しめました。

水戸プラザホテルの朝食

水戸プラザホテルの朝食は、
和食と洋食がありますが、

和食と洋食で、会場が異なりますので、
ご注意を

和食旬菜和膳 よし川
洋食テラスレストラン ROSE

■提供時間
AM7:00〜AM10:00(L.O.AM9:30)

洋食「テラスレストラン ROSE」を
選びました。

キッチンが見え、
シェフがいる本格的なレストランです。

7:30に訪問したところ、
まだ、空席多く、

室内席または、

テラス席を選ぶ事が
できました。

テラス席を選びましたが、

市街地にいることを忘れる空間

朝食は、ビュッフェスタイルでは、
ありません。

まず、前菜が、はこばれてきました。

非日常的な空間が、
味覚を高めてくれているのでしょう。

ただのサラダが、
感動する美味しさでした。

生ハム、キッシュ、チーズ、
ヨーグルト、フルーツ、

ホテルのシェフが盛り付けて
くれていることもあり、

サラダ同様、
どれも、予想を超えた美味しさです。

つぎに、
選んだ卵料理(オムレツ)と、

パンが、
はこばれて来ました。

オムレツは、
高い技術で作られた
プロの一品です。

焼き方が、絶妙だから、
卵の風味が、異次元!!

食べたくても、
なかなか食べられない
本格洋食のオムレツです。

パンが、すすみます。

添えられてる
ホイップバターまで、
感動する美味しさでした。

最後に

水戸プラザホテルは、
非日常的な世界で、
癒してくれる反面、

館内には、コンビニも、
自販機もありません。

徒歩圏内に、
飲食店も少なく、
不便な面も多々ありますが、

ホテルで夕食をとったり、
ラウンジを利用したり、

ホテルを満喫し、

いつもの旅とは、
違う過ごし方をする事が出来ました。

水戸プラザホテルから車で約10分のところには、
観光名所「偕楽園(かいらくえん)」が
あります。

景色に癒される
大人の休日となる
週末旅ができるホテルです。

帰り道に、
茨城県のご当地ラーメンを
食べてしまいました。

ご当地ラーメン「スタミナらーめん」

ピリ辛なスープに

ゴロゴロ角切りレバーと、

ゴロゴロかぼちゃが、
沢山入っている

あんかけラーメンです。

水戸駅南口で、食べました。

店名「麺や 赤龍」
オススメです!!

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ