ドーミーイン神戸元町 宿泊記

この記事はだいたい 11 分前後で読めます。

2022年2月、
兵庫県神戸市にある
プレミアムなビジネスホテル、

ドーミーイン神戸元町に
宿泊しました。

全国に展開するドーミーインホテルの魅力は、
なんと言っても朝食!!

ホテルごとに、
ご当地一品料理が用意されています。

そして、
ドーミーイン神戸元町の
ご当地一品呂理は、

兵庫県産はりま牛の牛丼です!!

ドーミーイン神戸元町の朝食は、
ビュッフェ形式です。

なので、
はりま牛、食べ放題!!

他にも、
魅力的な料理が沢山並んでいました。

宿泊者以外でも、
1,800円で、利用できます。

そして、
ドーミーインホテル神戸元町は、
朝食が魅力なだけでは、ありません。

宿泊して分かった、
ドーミーイン神戸元町の魅力を
順に紹介します。

ドーミーイン神戸元町に宿泊したプラン

公式H.P.にて
宿泊予約を行いました。

宿泊プラン<13時レイトチェックアウト>
【新型コロナワクチン接種済割引】
安心・安全にご滞在プラン♪
<朝食付き>
客室ダブルルーム14.7㎡
シモンズベット完備
宿泊料金
※参考価格
10,600円(1泊1名)

 

別途、入湯税がかかります

チェックイン時に、
入湯税150円(1泊あたり)の
支払いが必要です。

財務省のH.P.によると、
入湯税とは、

温泉を使った入浴施設に行き、温泉に入ったときは、入湯税(市町村税)がかかります。
入湯税は、温泉に入った客に代わって、施設の経営者が市町村に納める仕組みになっています。
入湯税の額は、市町村によって様々です。
法律上は、1人1日150円を標準としていますが、市町村ごとに、これとは違う金額を定めることもできます。
また、宿泊客と日帰り客とで額が変わる場合もあります。

 

天然温泉があります

入湯税を支払う理由、

ドーミーイン神戸元町には、
最上階に天然温泉があるからです。

出典:公式H.P.

営業時間:15:00〜翌10:00

ドーミーイン神戸元町の場所

ドーミーイン神戸元町は、

JR神戸線「元町駅」から、
徒歩約5分のところにあります。

 

 

伊丹空港から向かう場合

伊丹空港から、
ドーミーイン神戸元町までは、
約1時間くらいでした。

伊丹空港からは、
リムジンバスを利用すると、
便利です。

運賃は1,070円(片道)でした。

 

伊丹空港から、
神戸三宮行きのバスに乗ります。

1時間に1〜2本の運行間隔です。

Suicaなど、
色々な交通系ICカードが、
使えるので便利です。

 

三宮駅に着いたら、
JR線または、阪神線で、
1駅先の元町駅に向かいます。

中華街に隣接しています

元町駅から、
ドーミーイン神戸元町まで、
徒歩で向かう途中、

ホテルに隣接するように、

神戸の観光地「中華街」が
ありました。

 

中華料理店が、
沢山ならんでいます。

 

魅力的な食べ物を発見!!

 

歩きながら、食べるもよし、
店内のイートインスペースで食べるもよし、

ドーミーイン神戸元町に向かうまで、
ちょっとしたグルメ旅ができます。

 

この中華街、18時頃には、
お店は殆ど閉まってしまいますが、

暗くなると、
幻想的な街並みになります。

本場、上海の景色を思い出します。

[sitecard subtitle=紹介記事 url=https://kyuedo.com/archives/288 target=]

 

ドーミーイン神戸元町に到着!!

ドーミーイン神戸元町にチェックイン

チェックインカウンターの
すぐ近くで、無料ドリンクが
提供されています。

一人1本(提供時間:深夜1時まで)

金麦を選びました。

カフェがありました

チェックインを済ませ、
客室に向かおうとしたところ、

ドーミーインホテルには、
珍しく、カフェがありました。

カフェ「OASIS」

 

ドリンクバーとケーキで、800円、
90分間の時間制限付きです。

珍しかったので、
利用してみました。

カフェ「OASIS」店内

ドリンクバー

 

ビネガードリンクと
デトックスウォーター

 

ベイクドNYチーズケーキ

ベルギー産チョコレート濃厚ショコラ

ドーミーイン神戸元町の客室

ドーミーイン神戸元町は、
2021年2月開業の新築ホテルです。

14階建てで、客室数は284室、
あります。

エレベーターは、4基あり、
14階建てでも、
常時、あまり待つ事は、
ありませんでした。

シノダ
ストレスフリー!!

 

客室を目指します。

客室到着!!

 

扉を開けると、
すぐに、また、扉があらわれます。

ドーミーインホテル特有の
間取りです。

 

右手に洗面台

新しく、キレイです。

 

正面の扉を開けると、
ベットルームが、あらわれます。

 

窓の景色は、残念

ベットは、高級ベットメーカーの
シモンズ製です。

 

ベットサイドには、
USBとコンセントがあり、
便利です。

シノダ
寝ながらスマホ+充電!!

 

ベット正面に、テレビ

 

座り心地が良い、
大きな椅子がありました。

何時間も、
この椅子で、仕事をしましたが、
疲れない椅子です。

シノダ
家に欲しい〜

 

トイレとシャワールーム

 

他のドーミーインホテル同様、

狭いシャワールームですが、
最上階に天然温泉があるので、
良しとします。

??

腰掛ける場所がある!!

めずらしい!!

うれしい仕様です。

 

冷蔵庫は、空でした。
ミネラルウォーターが、
欲しいところです。

 

寂しく、
もらったビールだけ、
冷やします。

ドーミーイン神戸元町の最上階

ドーミーイン神戸元町の最上階14階には、


天然温泉がありますが、

他にも、

マッサージチェアがあったり、

 

神戸の街並みを楽しめる
休憩場所があったりします。

ここで、

湯上がりアイス(無料)を食べたり、

 

乳酸菌飲料(無料)を
飲む事もできます。

 

コーヒーも
無料です。

 

ビールは、
流石に有料でした。

 

マンガが、
沢山置かれていました。

おもてなし精神に
感謝!!

ドーミーイン神戸元町の夜食サービス

ドーミーイン神戸元町を含め、
ドーミーインホテルでは、

無料夜食サービスが
提供されています。

 

提供時間21:30〜23:00

ハーフラーメン「夜鳴きそば」

あっさりとした醤油ラーメンです。

提供開始時間の21:30、激混みです。

カフェ「OASIS」で
提供されています。

ドーミーイン神戸元町の朝食

朝食も、
カフェ「OASIS」提供されています。

提供時間

平 日0630〜09:30(最終入店時間09:00)
土日祝06:30〜10:00(最終入店時間09:30)

 

一部、料理を紹介します

 

めちゃめちゃ美味しかった

兵庫県産
はりま牛の牛丼(淡路島産たまねぎ使用)

 

一枚の牛肉が大きいので、
和牛のトロける上品な脂、
堪能できます。

 

魅力的な料理は続きます。

 

神戸の郷土料理「ぼっかけ」
(牛スジとコンニャクの甘辛煮)

 

神戸名物「ビーフカツレツ」

 

オーダーすると、
作ってくれる出来立てオムレツ

 

ハタハタの一夜干し

 

瓶に入った自家製プリン

もちろん、
朝食の定番、

パンや、

 

納豆、卵なども、あります。

 

いろいろ、
魅力的な食材があったので、
オリジナル丼を作ってみました。

兵庫県産はりま牛の牛丼
〜温泉卵と鮭を添えて〜

ドーミーイン神戸元町の周辺情報

ドーミーイン神戸元町の近隣には、
神戸駅まで続く、

アーケード街があります。

 

このアーケード街、

長さが、異常です。
先が見えません。

30分以上、
歩いても、抜けられませんでした。

その中で、
夕食にオススメなお店を見つけたので、
紹介します。

西湖園(中華料理店)

小さなお店です。

咳は20席もありません。
夫婦二人で、営業されています。

おすすめポイントは、
・昭和なレトロ感
・庶民的な価格
・素朴な美味しさ

最近、見かけなくなった、
レトロな町中華です。

 

オススメされた料理

 

750円なのに、びっくり!!

エビが、沢山!!

ワンタンスープも付いています!!

 

最後に

ドーミーイン神戸元町の
魅力をまとめると、

・朝食が豪華
・宿泊料金がリーズナブル(約1万円)
・天然温泉あり
・駅チカ徒歩4分
・新しく綺麗なホテル
・おもてなし精神多数

おもてなし精神については、
夜食サービス、
湯上がりサービス(乳酸菌飲料+アイス)
コーヒー、マンガ、マッサージチェア

などなど、随所に。

以外にも、
こんなところにもありました。

ベットルームの扉の裏にあった
タオルかけ

シャワーを浴びて、
タオルをかけるところを探していたところ、

本当に、
ちょ〜うど良いところにありました。

これ、すごいと思います。

お客様視点での
サービス精神、
見習いたいところです。

ありがとう!!

と、言いたくなるホテルでした。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ