グルメな街、香港で訪問すべき料理店「強記飯店」紹介記事

この記事はだいたい 6 分前後で読めます。

2018年10月、
美食の街「香港」を訪問しました。

香港は英国式と中国式が入り混じった文化が残る
独特な都市です。

今回、香港名物であるロースト料理が食べられる
香港でおすすめ料理店「強記飯店」を紹介します。

※この記事に書かれている価格は、
全て、2018年10月時点の価格となります。

鶏のロースト料理が食べたいなら「強記飯店」へ

何度も香港を訪れていますが、
必ず食べに行く料理店があります。

今回、紹介する「強記飯店」です。

ランチ時間帯、夕食時間帯は、
地元の方々で、満席になるローカルな大衆食堂ですが、

ピーク少し時間をずらせば、
並ばずに、食べる事ができます。

場所

銅鑼湾駅(コーズウェイベイ駅)から、
徒歩2〜3分程度のところにあります。
駅チカ便利なお店です。

営業時間

■AM7:00〜22:00まで
■年中無休

本当に、朝から晩までいつも賑わっているお店です。

 

強記飯店のおすすめポイント

  • 一人でも、家族でも入りやすい
  • 本格的な香港名物料理が味わえる
  • メニューには料理写真があり、指差し注文OK
  • 繁盛店だが、時間をずらせば、並ばずに入れる
  • メニューが豊富
  • お酒が飲める

 

まずは香港名物ロースト料理を

 

三焼飯 80香港ドル(約1,133円)

これ一品で3種類が味わえます。
・蜜汁チャーシュー
・焼ダック
・ローストポーク

日本でも、香港料理店は沢山ありますが、
やはり日本では、現地の調味料が十分に揃わないのでしょう。
現地でしか、味わえない味と風味があります。


食レポ開始!!

まずは、
本場のチャーシュー、

日本のチャーシューとの大きな違いは、
ホロホロ食感ではなく、
豚肉本来の弾力があり、
豚肉の旨味が凝縮され、
しっかりとした肉料理となっています。

添えられてる蜜汁を付けて食べます。

最高!!

日本では、食べられない
本家のチャーシューです。

次の
焼きダックも、チャーシュー同様、
しっかりとした弾力があり、食べ応えがあります。
ふんわり、八角の香りするのが特徴です。

香港と言えば、ダック!!

最後は、
ローストポークを堪能。
表面が、
ガリガリに焼かれているのが特徴です。

見た目とは異なり、
重たい脂感はなく、
不思議と食べやすいサラッとした
仕立てになっています。


3種類どれも、
意外に素朴で、薄味です。
それぞれの肉の旨味を
シンプルに味わう事ができる料理です。


香港空港の中にも、
鶏のロースト料理専門店がありますが、
空港なので、火力など、調理設備に制約があるのでしょう。
このお店と比べると、
ファーストフード的で、
何か本格さに欠けていました。

 

茹でた鶏肉料理も美味

ロースト料理を一通り食べたら、
茹でた鶏肉料理も、堪能してください。

 

瑤柱貴妃鷄飯(Boiled Chicken with Rice)
48香港ドル(約680円)

塩ネギソースをかけて、食べますが、
鶏に本当によく合うソースです。

鶏の皮の旨みが最高!

ごはんがススム、ススム、鶏丼でした。

豊富なメニュー

麺料理も、いろいろあります。

 

汁なし麺  48香港ドル(約680円)

 

メニューは限りなく豊富ですが、
メニュー写真の中で、
一番美味しそうに見えました。

それに、
安かったので注文しました。

ボリュームたっぷりな、炒めそばです。
きしめんの様な平打ち麺はモチモチで、
本場のあんあけが、
唐揚げや、炒めたナスに
よく絡みます。

 

ビールを飲みながら異国でボーッと

強記飯店では、
アルコール類を提供しています。

 

青島ビール

仕事を忘れるひとときです。


朝食利用もおすすめ

■朝menuは7:00〜12:00まで

朝食時間帯も、豊富なメニューがあります。

朝からラーメン
蜜汁チャーシュー麺36元(約510円)

最後に

強記飯店は、ガイドブックでも、
取り上げられる有名なお店です。

ローカル感満載で、ありながら、
入りやすく、写真付きメニューもあり、

何を食べても、美味しい!!

そして、本当に、メニューが豊富です。
何度も通って、色々な料理を、食べてみたくなります。

近隣ホテルに宿泊しましたが、
毎食通っていました。

香港グルメが、待っています。

せひ、訪問してみてください!!

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ