香港で、飲茶を楽しむなら、倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)が、オススメ

この記事はだいたい 12 分前後で読めます。

香港を旅するなら、
必ず訪問すべきお店を紹介します。

早朝7:00から、営業するワゴン式飲茶の名店、

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)です。

香港に来たなら、飲茶でしょう。

ただ、本場、香港でも、冷凍食品をチンするだけの
ハズレなお店、多々、あります。

対して、倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)は、
手作りで、出来立ての点心が、リーズナブルに食べられる貴重なお店!!

数々のガイドブックにも、掲載されているお店ですが、

早朝にお店を訪問すると、
いたるところで、新聞を読みながら、飲茶を楽しむ
香港人の日常を見ることができます。

観光客にも、地元民にも、愛されるロンドンレストラン、
ぜひ、訪問してみてください!!

この記事の情報は、
2023年4月時点の内容となります。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の場所

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)は、
香港の地下鉄(香港MTR)の旺角(モンコック)駅から、
徒歩5分のところにあります。

旺角(モンコック)駅の改札を出て、
E2出口に向かいます。

階段を登り、地上に出たら、反転し、
すぐ後ろの大通りを、左に進みます。

あとは、まっすぐ、
300m程、直進します。

左手に、倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の
電光掲示板が見えてきました。

日本語のカタカナでも、
「ロンドンレストラン」と書かれています。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)に到着しました。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)は、
ビルの3〜5階になりますが、

エレベーターで、3階に、向かいましょう。

オクトパスカード、便利です

香港で、
食べ歩きをするなら、

オクトパスカードの購入をオススメします。

オクトパスカードとは、
日本で言うSuicaです。

不慣れな異国の紙幣貨幣での会計から、
解放されます。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)でも、
支払いの際、使用できました。

香港のほとんどの交通機関および、
コンビニでも、使用できます。

オプショナルツアー予約サイト「KKday」で、
購入すると、現地で買うよりも、リーズナブルでした。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の営業時間

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の
営業時間は、

平日07:00〜15:00
18:00〜22:00
土日祝07:00〜15:00
18:00〜22:00

平日、土日祝に関わらず、
早朝に訪問することを、オススメします。

空席が、多数あり、並ばずに、
お店に入る事が出来ました。

1,000人余りを収容できる
巨大なフロアがあるお店ですが、

超有名店なので、常時、かなり混雑しています。
相席になる事も、日常茶飯事です。

18:00〜22:00までの、営業時間帯は、宴会メニューに変わります。
大皿料理中心で、点心メニューは食べられなくなるので、注意!!

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の近くに、
終日、点心が食べられるお店があります。

紹介記事は、コチラ↓↓↓

関連記事
image
香港で終日、リーズナブルに点心が食べられる人気のお店「點點心(dim dim sum)」 訪問記2023年4月、美食の街・香港にて、終日、リーズナブルに点心が食べられるお店、點點心(dimd……

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)のメニュー

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)には、

写真付き日本語メニューが、あります。
席に案内される際、店員に伝えましょう。

Japanese memu please!!

香港の飲食店では、飲食代金の他に、
サービス料10%が、請求されることが多いです。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)でも、
別途、サービス料10%の請求がありました。
※2023年4月時点

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の店内

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の店内は、

披露宴会場の様な、雰囲気です。

大家族が、食事を楽しめる

大きなテーブルが、多数ありますが、

4名席も多数あります。
そこに座る1名客も大勢いました。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)での注文方法

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)での
注文方法を説明します。

早朝7:00のOPEN時の店内

薄暗い中、席に案内されました。
7:30まで、薄暗い店内でした。

7:00から、店内に入れますが、
本当の営業開始は、7:30の様です。

新聞を読んでいる1名客が、
チラホラと、座っています。
地元の方が、朝食利用しているのでしょう。

何も注文していなくても、
しばらくすると、お茶が運ばれてきました。

注文していないですが、有料です。
料金は、8香港ドル(約145円)でした。

お茶と同時に、
点心カードも、渡されます。

7:30を過ぎると、

店内に、ワゴンが回り始めます。

席の近くに来たワゴンを見に行きます。
食べたい点心を、指さすと、

席まで、運んでくれます。

点心カードに、スタンプが押されました。

会計方法は?

食べ終わったら、手を挙げて、店員を呼びましょう。
サインをするジェスチャーをすると、店員が席に来ます。

店員に点心カードを渡すと、レジで、計算して、
会計伝票を持ってきてくれます。

席で待ちましょう。

店員が戻ってきたら、会計伝票を確認し、
現金または、クレジットカードを渡します。

オクトパスカード以外は、テーブル会計です。

オクトパスカードで会計したい時は、読み取り機がある場所に
連れて行って貰いましょう。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の点心価格

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)では、
平日と土日祝で、料金が異なります。

分 類価格
大・中・小の点心平 日:28香港ドル(約509円)
土日祝:29香港ドル(約527円)
特の点心全曜日:32香港ドル(約581円)
頂の点心(點心)全曜日:35香港ドル(約636円)

※2023年4月時点

日曜日の早朝に訪問しましたが、
AM11:00まで、大・中・小の点心(點心)が、

リーズナブルな均一価格になっていました。

※香港の公用語である広東語では、点心を「點心(ディムサム)」と言います。

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の点心

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)の点心は、
どれも、出来立て!!

種類が、豊富なので、迷ってしまいますが、
基本、外れはありません。

直感を信じて、好きなものを好きなだけ、取ればイイんです!!

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)のオススメ点心

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)のオススメ点心を紹介します。
王道な点心から、ご飯もの、麺類、デザートまで、様々なメニューがありますが、

Total10回以上、お店を訪問して、
美味しかった点心10選を紹介します。

海老蒸餃子

海老蒸餃子
価格分類:特
32香港ドル(約581円)

潮州風蒸し餃子

潮州風蒸し餃子
価格分類:小
27〜29香港ドル(約491〜527円)

鶏肉入り蓮の葉ちまき

鶏肉入り蓮の葉ちまき
価格分類:特
32香港ドル(約581円)

鶏肉入り蓮の葉ちまき、オススメです!!
素朴ながら、深みがあって、心温まる味です。

餃子入りスープ

餃子入りスープ
価格分類:特
32香港ドル(約581円)

肉団子

肉団子
価格分類:大
27〜29香港ドル(約491〜527円)

チャーシュー饅頭

チャーシュー饅頭
価格分類:小
27〜29香港ドル(約491〜527円)

もち皮揚げ

もち皮揚げ(※写真右の料理)
価格分類:中
27〜29香港ドル(約491〜527円)

エッグタルト

エッグタルト
価格分類:中
27〜29香港ドル(約491〜527円)

ぜひ、食べてみてください!!

カスタードから香る、卵の香り、
生地からの、バターの風味が、

これまで出会ったことの無い、
エッグタルトだということを、気付かさせてくれます。

風味に圧倒されるロンドンレストランの
エッグタルト!!

絶品です!!

担々麺

担々麺
価格分類:無し
38香港ドル(約690円)

透き通るほど、透明なスープなのに、
ガラ感、醤油感、ゴマ感、ピーナッツ感、辛味が、
あり得ないくらい凝縮されています。

一見、特徴の無い様な麺ですが、
凝縮されたスープを、口に運んでくれる
重要な役割を果たしています。

揚げワンタンと五目甘酢あんかけ

揚げワンタンと五目甘酢あんかけ
価格分類:無し
103香港ドル(約1,870円)

強烈にボリューミー!!
大勢で食べる量なので、注意です!!

肉、野菜、果物が、
ギッシリ入っています。

具沢山過ぎて、笑ってしまいます。

最後に

倫敦大酒樓(ロンドンレストラン)は、
ワゴン式飲茶を楽しめる数少ないお店です。

店員は、大きな声で、オススメしながら、
ワゴンを押し、回ってきてくれますが、

大きな問題は、中国語が分からず、
ワゴンで、何を運んでいるのか?
分からない事です。

食べたい点心は、どのワゴンにあるのか?

でも、大丈夫です。

厨房付近のカウンターには、
ほぼ全種類の点心が並んでいます。

点心カードを持って、カウンターに取りに行けば、
中国語が分からずとも、食べたい点心を、見つけることができます。

それと、店員は、皆、親切です。
表情から、困っていることを察し、意思疎通を図ろうとしてくれます。

日本語しか、話せなくても、大丈夫です。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ