ドーミーイン東京八丁堀 宿泊記

この記事はだいたい 11 分前後で読めます。

2021年11月、
東京都中央区にあるビジネスホテル、
「ドーミーイン東京八丁堀』に
宿泊しました。

全国に展開するホテルチェーン、
ドーミーインの魅力は、朝食!!

その中でも、ドーミーイン東京八丁堀は、
朝食に「江戸前寿司」が食べられる、
唯一のホテルです。

いつもながら、宿泊料金は、とてもリーズナブル!!
一泊一万円以下でした。

宿泊プラン【室数限定・朝食最安値!】
食欲の秋♪
江戸前寿司が自慢の朝食バイキング付きプラン
客室ダブルルーム13.6㎡
シモンズベット完備
宿泊料金
※参考価格
8,790円(1泊1名)

公式H.P.にて、予約を行いました。

 

立地も、最高で、
JR京葉線「八丁堀駅」B4出口をでると、
正面に

ドーミーイン東京八丁堀が、
そびえ立っています。

ホテルは、亀島川という川沿いにあります。

夜景が、とっても綺麗でした。

 

ドーミーイン東京八丁堀にチェックイン

ドーミーイン東京八丁堀の玄関口には、

 

季節柄、クリスマスツリーが、飾られていました。

 

館内に入ると、ひと気がありません。
静かすぎると思ったら、

 

フロントは、2階でした。

 

ドーミーイン東京八丁堀の2階フロント

 

ドーミーイン東京八丁堀は、当日払いの場合、
自動精算機で、支払いを行います。

 

入湯税??なるものが、150円とられました。
予約時に、表示されなかった金額です。

財務省のH.P.によると、
入湯税とは、

温泉を使った入浴施設に行き、温泉に入ったときは、入湯税(市町村税)がかかります。
入湯税は、温泉に入った客に代わって、施設の経営者が市町村に納める仕組みになっています。
入湯税の額は、市町村によって様々です。
法律上は、1人1日150円を標準としていますが、市町村ごとに、これとは違う金額を定めることもできます。
また、宿泊客と日帰り客とで額が変わる場合もあります。

 

ドーミーイン東京八丁堀には、


出典:公式H.P.

 

天然温泉があるので、
150円の支払い、しかたないですね。

 

フロントから、エレベーターに向かう途中、
探していたコーナーが、ありました!!

 

公式H.P.から、予約すると
1本もらえる、無料ドリンク!!

 

宿泊者全員に、無料のアイスもあります!!

 

客室に向かいながら、
食べてしまいました。

 

ドーミーイン東京八丁堀の客室フロア

 

中央が、吹き抜けの建物です。

 

客室に、到着!!
10階でした。

10階には、自販機がありました。
ビールもあり、便利です。
どれも、コンビニ価格です。

※ドーミーイン東京八丁堀の近くには、
残念ながら、コンビニがありません。

 

ドーミーイン東京八丁堀の客室

2016年にリニューアルされたホテルですが、
ドーミーイン東京八丁堀の開業は、2005年です。

ドアを開けると、
ドーミーインホテル特有の
客室レイアウトでは、ありませんでした。
※ベットルームを間仕切る扉が、ありません。

新築のドーミーインホテルが、近くにあります。
紹介記事はコチラ↓↓↓

[sitecard subtitle=紹介記事 url=https://kyuedo.com/archives/2583 target=]

 

入ってすぐ右手に、
洗面台があります。

足元には、冷蔵庫があります。

残念、
冷蔵庫には、何も入っていませんでした。

 

アメニティは、
歯ブラシ、カミソリ、ブラシ、綿棒です。

 

ベットは、ビジネスホテルなのに、
シモンズ製です。

 

シモンズは、高級寝具メーカーです。
アメリカで誕生し、150年の歴史を持つ企業で、
シモンズのベットは、国内外の最高級ホテルで
採用されています。

 

ベットサイドには、
電源があります。

 

ベットの向かいには、
テレビとデスクがあります。

 

ドーミーイン東京八丁堀の客室では、
マッサージが、呼べる様です。

 

ドーミーイン東京八丁堀の
客室窓からの景色

 

館内を歩ける部屋着

 

バスルームを見てみましょう。

 

扉を開けると、トイレがあり、

 

シャワールームと、併設しています。

 

年代を感じるシャワーが、少し残念です。

 

POLA製の
シャンプー、コンディショナー、ボディソープが、
設置されています。

 

一部、古さを感じる部分もありますが、
客室の広さと、ベットの大きさは、
ビジネスホテルでは、上位クラスです。

さすが、ドーミーイン!!

ドーミーイン東京八丁堀の夜食サービス

ドーミーインに泊まったら、
夜食サービス、

夜鳴きそばを、必ず食べましょう。
1階で、提供されています。

■提供時間:21:30〜23:00まで

 

ハーフサイズの醤油ラーメンが、
宿泊者全員に無料で提供されています。

 

あっさりスープが、やさしい味で、

 

ハーフサイズ(麺量100g)なので、
夕食後でも、罪悪感なく、食べられます。

 

ドーミーイン東京八丁堀の
1階には、フリースペースもあります。

 

2階の温泉にゆっくり浸かった、
湯上がりに、利用するのも良いでしょう。

 

フリースペースには、
コーヒーマシンも、用意されています。
無料で、何杯でも飲む事ができます。

 

ドーミーイン東京八丁堀の向かいには、
オシャレなBAR「店名:酒坊主」が、あります。

夜鳴きそばの
前?後?に利用できるお店です。

ドーミーイン東京八丁堀の朝食

ドーミーイン東京八丁堀の
朝食は、1階にあるレストラン、

「HATAGO」で提供されています。

 

■提供時間

平日06:30〜09:30
(最終入店:09:00)
土日祝07:00〜10:00
(最終入店:10:00)

 

入り口には、
説明書きが、ありました。
シャリには、こだわりがある様です。

赤酢使用との事です。
本格的な老舗みたいな寿司を出しています!!

 

ご自由に、好きなだけ、どうぞ!!と、
にぎり寿司が、並んでいます。

 

朝から、贅沢、にぎり寿司!!

 

高級食材、イクラも、
食べ放題でした。

 

江戸前寿司と言えば、コハダでしょう。

 

期間限定で、旬なネタ、
「愛媛県産ブリ」がありました。

回転寿司価格で、計算しても、
一人3,000円分くらい、食べてしまうのでは、
ないでしょうか?

朝から、にぎり寿司の食べ放題!!

ドーミーイン東京八丁堀、
朝食が、楽しみになるホテルです。

 

洋食もあります。
注文すると、作ってくれる
朝食の定番、オムレツ

カニクリームコロッケや、海老カツも
ありました。

デザートも、充実しています。
ケーキなども、ありましたが、
寿司づくしの、あとなので、
「みたらし団子」と煎茶で〆

 

ドーミンインホテルの朝食は、
どこも、本当に魅力的です。

これまで、宿泊した全国各地の
ドーミーインホテルの紹介記事は、コチラ↓↓↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kyuedo.com/archives/2583 target=]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kyuedo.com/archives/3082 target=]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kyuedo.com/archives/3361 target=]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kyuedo.com/archives/1374 target=]

最後に

目の前には、八丁堀駅があり、
駅チカな、
ドーミーイン東京八丁堀ですが、

希望すれば、帰りは、東京駅まで、
無料送迎バスで、送ってくれます。

大きな荷物がある宿泊者は
駅までの道路の段差や、駅の階段などが、
大変でしょうと、
心配をしてくれているのでしょうか?

どこまでも、
おもてなし精神なホテル、
ドーミーイン東京八丁堀!!

頭が下がります。

2022年4月、
ドーミーインホテルを運営する
共立リゾートが、東京都豊洲に、
アーバンリゾートホテル、

「ラビスタ東京ベイ」を
開業しました!!

ラビスタは、客室も、眺望も
ドーミーインホテルより、上位クラス!!

先日、宿泊してきました。
かなりオススメです!!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kyuedo.com/archives/3684 target=]

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ