ビールが飲み放題!!ホテルWBFフォーステイ札幌 宿泊記

この記事はだいたい 9 分前後で読めます。

2021年4月、
ホテルWBFフォーステイ札幌に宿泊しました。

2019年12月にOPENしたばかりの新しいホテルです。

このホテルはシティホテルに分類されます。
ビジネス利用、家族利用、カップル利用に
マッチしたホテルです。

このホテルの魅力は、
ラウンジでビールが飲み放題な事!!!

一泊5,000円程度の宿泊料金なのに、
ホテルの会員でなくても、
ラウンジでビール飲み放題が、
パッケージされている宿泊プランが、あります。

ホテルWBFフォーステイ札幌のビール飲み放題プランとは

サッポロクラシックビールと、
サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>が、
17:00〜21:00まで、1階ラウンジで、飲み放題

公式HPより、宿泊予約

公式HPから、宿泊予約をすると、
ビール飲み放題が付いた宿泊プランが選べます。

プラン名公式HP限定
サッポロクラシックが飲み放題♪
ラウンジ利用無料プラン
和朝食「四季彩御膳」付
部屋タイプダブルルーム13平米/ベット幅140cm
禁煙
支払合計
※参考価格
10,092円(2泊分)

1泊当り5,046円でした!!

ビール飲み放題+朝食付きで、この値段です。

会員限定ラウンジへ

ビールが飲める1階のラウンジの様子
結構、ガラガラです。

セルフサービスですが、
近隣の飲食店で注文すると、一杯600円程度はする
サッポロクラシックビールを、好きなだけ飲む事ができます。

おつまみ等も、充実

個別包装のお菓子が、沢山ならんでいます。
無料!!

ちょっとしたおつまみも、無料!!

エスプレッソマシンがありました。
コーヒーを飲む事ができます。
紅茶もあります。
無料!!

ミネラルウォーターも、あります。
冷えてます。
無料!!

サッポロクラシックビールとは?

北海道限定の生ビールで、1985年より販売されています。
軽めのボディ感なので、サラッと飲みやすい口当たりです。
新千歳空港や札幌市内の飲食店で、広く見かけるビールです。

本来は、会員しか入れない優雅なラウンジで
乾杯!!

ホテルWBFフォーステイ札幌の客室をレポート

一泊5,000円程度のホテルですが、
客室は、ラグジュアリー感が、ありました。

そして魅力は、何といっても「新築の新しさ」です。
新築だから、とても綺麗で、広さもあります。

部屋は9階でした。

ドアを開けると、真新しい新築の香りと、明るい室内

客室にも、無料のミネラルウォーターがあります。
連泊すると、毎日1本、補充されます。
うれしいサービスです。

大きなベット、ベット幅140cm
部屋着も用意されています。
連泊しましたが、毎日ベットメイクをしてくれました。

枕元には、電源があるので、
ゴロゴロしながら、スマホをいじりつつ、
充電することが、できます。

ベットの正面には、大きなテレビ

バストイレは、一体型
何度も言いますが、新築ホテルなので、とても綺麗です。

トイレは、ウォシュレット付き

洗面台

アメニティ
綿棒、ヘアバンド、剃刀、歯ブラシ、ヘアブラシ

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ

窓の景色、
残念ながら、普通の街並みが、見えるだけです。
海、山、観光名所などは、何も見えませんでした。

デスク周り

コーヒー、緑茶、紅茶

冷蔵庫
中身はカラっぽでした。

スリッパ

ホテルWBFフォーステイ札幌の魅力的な朝食

さすが、料理で有名な、WBFホテル!!
朝食が、とてもとてもとても豪華です。

朝食券を、持って、

朝食会場に、きました。
朝食会場は、昨晩、ビールを沢山飲んだ1階ラウンジです。

烏龍茶と、コーヒーを飲みながら、待っていると、
10分程で、料理が運ばれて来ました。

朝食は、北海道産食材を使用した懐石弁当「四季彩御膳」です。

宿泊代、5,046円しか、払っていないのに、

天ぷらが、出てきました。

しかも、二段重です。
サーモンの刺身、たらこ、サラダ、フルーツ、・・・

何度も言います!
宿泊代込み5,046円です!!

どの様に、もうけているのでしょうか??

二連泊しましたので、次の日の朝食も
紹介いたします。

うれしい事に、
前日と内容が大きく変わっていました。

天ぷらの代わりに、

焼き魚、えび、煮卵、テリーヌ、ふき煮
高級な懐石料理のような感じです。

下段の重には、

朝から、まぐろの刺し身、

いくらおろしあえ

ローストビーフなどの、高級食材が入っていました。

二日とも、リッチな朝食でした。

ホテルWBFフォーステイ札幌の場所

H.P.によると、地下鉄大通駅から、徒歩5分で、
すすきの駅からは、徒歩3分の距離です。

大通駅から、向かう場合は、

南改札口を出て、地下街を、すすきの駅方面に進みます。

狸小路1・2・3丁目の看板のところを、左にまがります。

この出口から、地上に出るのが、最短です。

ホテルは、ローソンに隣接していますので、
飲み物等、必要なものは、ホテルについてから、
買うと良いでしょう。

ホテルWBFフォーステイ札幌の近隣おすすめ飲食店

朝食時に、窓から見えたお店が、気になりました。

ホテル向かいにある焼き鳥屋、
「やき鳥 福鳥 本店」です。

シノダ

シノダ

ご存知でしたか?
札幌って、焼き鳥も名物料理の様です。

札幌でもっとも歴史があるという焼き鳥屋が、
ホテルの向かいにあります。

何度もテレビで、取り上げられた有名店でした。

店前に着くと、

老舗の威圧感!!
昭和21年創業!!

外から店内が、見えません。

常連客しか、受け入れてくれなそうな、不安を感じましたが、
勇気を出して、のれんを、くぐりました

店内は、カウンター席のみで、10席程度です。

安心して下さい。頑固親父は、いません。
店員さんは、皆、笑顔で、親切で、丁寧な接客をしてくれます。

メニューは、少し高めです。

注文した料理は、

砂肝4本 529円

トリ3本 539円
店員さんに、味付けは、塩をすすめられました。

グルメリポート

いや〜、ウマイ!
程よい鶏の脂、鶏の旨味、ビールにすごく合います。

炭火で、焼いた本格的な焼き鳥と言うだけではなく、
焼き加減、塩加減、仕込み技術、食材の目利きなどなど、
長年、洗練された技術が、たくさん詰まっているのでしょう。

老舗専門店の焼き鳥、
本物とは、こういうものなのかと、勉強させられた
一本です。

客層は、中高年の常連客らしき方々ばかりです。
札幌市内の、いかにも観光客向けのギラキラした
数多の飲食店とは、異なります。

テイクアウトも、できます。
若い男女、夫婦でしょうか??
店員さんと親しそうでしたが、
沢山、注文していました。

シックで、落ち着きのある
大人な店を、見つける事ができました

最後に

WBFホテル、博多に続き、
札幌も、コスパがめちゃくちゃなホテルです。

本当に、どの様な儲けのからくりなのでしょう?

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ