ウラジオストクのおすすめホテル

この記事はだいたい 9 分前後で読めます。

2020年3月初旬、ロシア・ウラジオストクに行って来ました。ウラジオストク駅近くのおすすめホテルを紹介します。

ウラジオストクでおすすめする「ホテル・プリモリエ」

ウラジオストク国際空港からホテルまではタクシーアプリ「Gett」を利用してタクシーで移動しました。※料金1,238ルーブル(約1,756円)

場所

  • ウラジオストク国際空港からタクシーで60分程度
  • ウラジオストク駅からは徒歩10分程度

ウラジオストク駅からは階段または坂を登る事になります。

ホテル前の様子(冬場は歩道が凍結しているので、危険です)

到着時、21時を過ぎていましたが、周辺は、街頭で明るく、人通りもあるので危険を感じません。3月初旬でも氷点下10℃です。ホテル周辺の歩道には雪が残り、歩道は凍結しているので滑ります。

フロントの様子

ホテルに入ると、右手にATMがあります。安全にクレジットカードやデビットカードで現金がおろせます。

チェックイン開始:14:00〜
チェックアウト :正午

チェックイン時、デポジットは要求されませんでした。日本語は通じませんでしたが、丁寧な応対をして頂きました。ロシア語も英語も分からないので翻訳機を使って、チェックインできました。

料金

2020年1月末にエクスペディアで予約しました。

予約内容は

  • ビジネスダブルルーム
  • 朝食付き・ダブルベット1台
  • 大人1名1泊

料金:9,297円(2020年3月初旬の宿泊料金)でした。キャンセルはエクスペディアのサイトから予約当日9時(現地時間10時)まで、無料でできました。

おすすめポイント

・朝食がおいしい
・ホテル内にパン屋がある
・室内が広い
・近くにスーパーがある
・ウラジオストク駅から近い

朝食がおいしい

ビュッフェ形式の朝食がとても美味しかったです。

  • 朝食時間:6:00〜10:00まで
  • 場  所:1階フロント奥

レストランの扉を開けると大きな水槽がありました。水槽にはホタテが沢山いて、タラバガニも1匹いました。朝食会場には7:00時に訪れましたが、混雑しておらず、2割程度、席が埋まっている状況でした。好きな席に座る事ができました。

まずは、パンがありました。

コーンフレークやリンゴが丸ごと置かれています。

ピザが2種類とヨーグルトがあります。

料理コーナーには目玉焼き

そばの実、白米、焼きポテト

ロシアでは蕎麦の実を食べる様です。

ロシアのおかゆ「カーシャ」、ロシア名物です。

ハムとチーズ

ゆでたジャガイモとニシンの酢漬け

朝食の評価としてはニシンの酢漬けが最高です!!
このニシンの酢漬けを食べるために、もう一度、このホテルに泊まりたい位です。

寿司職人が作った酢〆のように、ニシンのほどよい脂に丁度良い具合に酢のエッセンスを加えています。

ロシアのおかゆ「カーシャ」も絶品!!

初めて食べましたが、乳の香り豊かな温かいデザートの様です。白米はダメでした。東南アジアで食べる米の様で苦手な味と食感です。

朝食メニューではありませんが、綺麗なケーキが陳列されていました。

ホテル内にパン屋がある

このホテルには小さなパン屋があります。ホテルの外からお客さんが結構、買いに来ています。2名がけのテーブル席が2つあり、コーヒーを飲みながら、店内飲食もできます。

昼食にパンを買いました。

大きなクロワッサンです。紅鮭のスモークサーモンとポテトサラダが入っています。

パイ生地にクリームとブルーベリージャムが入った焼菓子です。クリームとバターの香りがとても豊かで、西洋を感じます。

室内が広い

ホテル内は非常に静かです。2泊しましたが、客室フロアで他のお客さんとすれ違うことはありませんでした。ですので、エレベーターは1基しかありませんが、不便は感じませんでした。

エレベーター付近に無料のウォーターサーバーがあります。

客室の扉、カードキーでロックを解除します。

大きなベット

十分な広さ!!
Wi-Fiは不便ない速度です。

バストイレ

歯ブラシがあります。

シャワーの温度、水圧に不便はありません。

部屋の窓からの夜景が最高!!

ウラジオストクのシンボル、全長2kmある「黄金橋」が正面に見えます。写真の左中央の白い建物はウラジオストク駅です。

近くにスーパーがある

ホテル周辺に夜遅くまで営業しているスーパーがあります。

場所はホテルを出て、左に100mくらいのところにあります。

営業時間8:00〜23:00まで

ビールと水を買いました。パンなどの軽食も販売しています。クレジットカードが使えました。

スーパーマーケットの隣には中華レストランがありました。結構、地元の人らしき人が入っていきます。ランチは14時までですが、250ルーブル(約343円)で食事をする事ができるようです。

ウラジオストク駅から近い

ホテルの窓からウラジオストク駅がみえます。

駅の正面

駅周辺に飲食店が数件ありますが、レストランではなく、ファーストフード的なお店ばかりです。

席はなく、立食で食べる様です。

駅の裏側

駅の反対側に駅ビル?があります。中には、喫茶店が1軒とお土産屋が数軒あるだけです。

駅ビルを横切ると、港がみえます。

最後に

不便な点もありましたので、記載します。

・クーラーがない
・近くに飲食店がほとんどない
・セーフティボックスがない

一つ目、室内にはヒーターがあり、とても暖かかったのですが、このホテルにはクーラーが無いようです。クローゼットの中に扇風機がしまってありました。訪問したのは3月初旬なので使いませんでしたが、夏はキツいでしょう。

二つ目、ウラジオストク駅を含めて近隣に飲食店があまりありません。このホテルには24時間営業のレストランがあるので、問題ないと言えば、問題ないのですが、飲食店があつまる中央広場までは徒歩20分程度かかります。冬場は路面が凍結しているので歩いていくのは困難です。

三つ目、セーフティボックスがないホテルは珍しいと思います。そもそも、使わない方も多いとは思いますが。

総評として朝食が美味しく、アクセスが良いリーズナブルなホテルでした。丘の上にあり、澄んだ空気と景色は最高です。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ