小籠包発祥の街、上海で小籠包を食べるなら、南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店がオススメです!!

この記事はだいたい 8 分前後で読めます。

小籠包発祥の街、上海で小籠包を食べるなら、

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店が、オススメです!!

創業は1900年で100年以上の歴史を持つ小籠包専門店です。

エリザベス女王や、クリントン元大統領など、世界のV.I.P.も訪れた格式のあるお店ですが、どのメニューもリーズナブル!!

小籠包発祥の街の老舗小籠包専門店、南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店を紹介します。

南翔饅頭店(本店)の場所

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店の場所は、

中国/上海を代表する観光スポット、豫園(よえん)にあります。ここは、日本で言えば、浅草雷門的な場所でしょうか?

豫園(よえん)は明の時代に造られた庭園です。タイムスリップした様な世界に引き込まれます。

南翔饅頭店(本店)の営業時間

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店の営業時間は、

平日8:00〜21:30
土日8:00〜21:30

朝8時から営業しているので、朝食利用にオススメなお店です。
10時くらいに訪問しましたが、並ばずにお店に入る事ができました。

ランチ時間は、長蛇の列になりますので、覚悟が必要です。

ランチ時間でも、テイクアウトコーナーは、行列がありませんでした。

南翔饅頭店(本店)の店内

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店は、

3階建です。1階がテイクアウト専門で、2〜3階が、店内飲食フロアとなっています。

創業100年以上のお店ですが、

2018年にリニューアルOPENしたばかりなので、店内は、ピカピカで、衛生的です。

明代の庭園を眺めながら、食事をする事ができます。

南翔饅頭店(本店)での注文方法

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店での注文方法は、

着席し、各テーブルにあるmenu ブックから料理を選び、店員を呼び、注文します。

注文後、すぐに店員が、会計伝票を持ってテーブルに戻ってきます。先にお会計が必要です。

支払いは、スマホアプリ「Alipay(アリペイ)」で行いました。スマホで、アリペイのQRコードを表示させると、店員がQRコードを読み取り、支払い完了です。

アリペイは、2023年7月から、日本で発行されたクレジットカードでも登録できる様になりました。

テーブル会計が終わると、

白湯が運ばれてきました。無料です。

南翔饅頭店(本店)のメニュー

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店のメニューは、写真付きメニューなので、言語が分からなくても、指差し注文ができます。

小籠包のページから始まり、一品料理のページに続きます。

小籠包以外にも、様々な上海を代表する名物料理が並んでいます。

ドリンクメニューには、酒類は、ありません。

どれも美味しそうなメニューなので、悩んでしまいますが、

まずは、赤い印が付いたオススメメニューが無難でしょう。小籠包の中から、一品を選び、

一品料理の中から、一品を選び、

スープの中から、一品を選ぶのが、スタンダードな注文の仕方です。

南翔饅頭店(本店)のオススメメニュー

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店のオススメメニューを紹介します。

看板メニューの小籠包だけでも、9種類もあります。迷いに迷ってしまいますが、このお店の定番料理を紹介します。

虾仁鲜肉小笼馒头

虾仁鲜肉小笼馒头
48元(約1,013円)

虾仁鲜肉小笼馒头は、海老と豚肉の小籠包です。

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店の小籠包は、スープの脂分が少なめ、それと、全体的には、薄味な設計です。

薄味なので、一口食べると、せいろの竹の香りを感じます。その後、豚肉の旨味が、くっきりと伝わってきます。

とにかく、餡の豚肉が美味しい!!

台湾の有名店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の小籠包比較すると、皮は厚く、スープにジューシーさも感じません。

なのに、旨い!!

例えるなら、昭和のラーメンといった所でしょうか?歴史と素材力で勝負する小籠包です。

関連記事
image
台湾旅行をするなら、必ず、鼎泰豐(ディンタイフォン)に行くべし!!鼎泰豐(ディンタイフォン)は、NewYorkTimes紙で、世界の10大レストランに選ばれた、名店中の名店!!……

糖醋小排

糖醋小排
42元(約886円)

糖醋小排とは、スペアリブの甘酢煮です。代表的な上海料理なので、ぜひ、ご賞味を!!

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)本店の糖醋小排は、やや豚肉に獣臭さを感じますが、

絶妙な糖酸バランスのソースが、箸を止まらなくさせます。

南翔驚园于贝

南翔驚园于贝
38元(約802円)

ほのかな旨みを感じるあっさりスープです。具材は、錦糸卵だけ。

このスープに

添えられている干し貝柱を加えると、味が、激変!!

グルタミン酸とイノシン酸の旨味成分が加わり、やさしい味の海鮮スープに昇格します。

最後に

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)は、いまや、アジア各国や日本の主要都市にも出店していますが、上海を旅するなら、ぜひ、本店を訪れてみてください。

明代の美しい世界に引き込まれながら、歴史を感じる小籠包を堪能する事ができます。

店員は皆、ニトリル手袋をして、衛生的に料理を運んできます。日本語を話せる店員もいます。

料理提供時には、「你好(こんにちは)」という一言があり、ホスピタリティ精神あふれる接客です。

大混雑する名店ですが、相席にもなりませんでした。

「美食×美空間×おもてなし」の相乗効果が体験ができます。

※この記事内の商品内容および価格は、
2024年1月時点の情報です。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ