S7航空 ウラジオストク便 搭乗記(成田〜ウラジオストク)と旅の注意点 | シノダの森ブログ

この記事はだいたい 7 分前後で読めます。

2020年3月、

ウラジオストクに行ってきました。

今回、利用したのは、S7航空(シベリア航空)です。

エクスペディアで予約しました。

S7航空で行く、ウラジオストクへの旅

  • 行き 6282便 成田16:25発→ウラジオストク19:34着(2時間45分)
  • 帰り 6281便 ウラジオストク13:15発→成田14:30着(2時間15分)

ベーシックエコノミーで予約しました。

チケット代は往復4万円程度でした。

・ベーシックエコノミーは預入手荷物がある場合、

別料金(7,300円程度)が、かかります。

・事前座席指定も別料金(往復1,600円程度)が、かかります。

上記2点の別費用合計は8,900円

フレックスエコノミークラスの場合は

預入手荷物、事前座席指定が付いていて、

ベーシックエコノミーに対して+14,000円程度高い料金になります。

一見すると、ベーシックエコノミーの方がお得感がありますが、

フレックスエコノミーは

キャンセル(有償)と便の変更が出来ます。

ベーシックエコノミーは

キャンセルが出来ず、当日に便の変更を行った際には

17,000円程度の手数料が、かかってしまいました。

※S7航空は日本語対応窓口がありません。

便の変更は、エクスペデアにTELし、行う事が出来ました。

機内持ち込み手荷物については、

いずれのエコノミーも、10Kgまで(55×40×20cm以内)です。

搭乗前日、オンラインチェックインの際に、

ビジネスクラス席が空いていたので

選択すると、+7,380ルーブル(約10,272円)でした。

クリックしかけましたが、今回は見送りました。

機材:エアバス320 NEO

エコノミークラスは3-3配列シート

座席にモニターはありませんが、短い旅なので、不必要かと思います。

行きは6割程度、席が埋まり、帰りは、ほぼ満席でした。

CAさんは全員ロシア人で日本語は通じない様です。

機内食は?

上昇飛行が終わるとすぐに、サンドイッチが配られました。

サンドイッチを横に倒すとニワトリが描かれています。

あっという間に、到着!

ウラジオストク、すごく近いです!

あっという間に到着します。

事前にビザ申請が必要な為、入国カードの記入もありません。

ただ、この時期だからでしょうか?

A4用紙1枚、アンケートが配られました。

内容は体調に関する申告と渡航歴の調査です。

オフラインでもGoogle翻訳の一部の機能はが使えるので

ひとつひとつ質問を訳しながら、記入しました。

着陸し、シートベルトサインが消え、降乗しようとすると、

全員、席に座る様に指示を受けました。

ロシア人の職員2名がサーモグラフィーカメラを持って

機内に入ってきました。

前方席から順にカメラを向けられ、一人一人、熱が測られています。

10分ぐらい経過し、

全員の計測が終わりました。この便は問題なかった様です。

この職員がアンケートを回収しながら、立ち去っていきます。

熱がある人がいたら、どうなったのでしょうか???

旅の注意点①  ウラジオストク観光ビザについて(電子ビザ)

ロシア入国にはビザが必要です。

カンボジアの空港などでは、現地でビザを取得する事が出来ますが、

ウラジオストク空港では出来ません。

事前にネットで電子ビザを申請する必要があります。

ビザ申請は無料で、申請写真はスマホ撮影OKで、簡単です。

申請が受理され、ビザが発行されると、メールが来ます。

メールから、サイトにとび、設定したパスワードを入力すると、

ビザが表示されます。

※ビザは印刷が必要です。

(入国審査、出国審査、ホテルチェックイン時、提示を求められました)

2度、ビザ申請した事がありますが、

2度とも、申請から発行まで48時間くらいかかりました。

前回、ビザ申請を忘れ、あわてて出国予定日の前日に申請しましたが、

旅に間に合わず、泣く泣く航空券を変更する事になりました。

その時、申請代行業者にもTELしましたが、

前日では無理と断られました。

旅の注意点② ウラジオストク中心街への移動手段

気をつけなければいけないのが、

空港→ウラジオストク駅への電車は18時頃に終電のようです。

そこで、タクシーアプリ「Gett」を使用しました。

日本語表記はないアプリですが、英語表記にして、

電話番号とクレジットカードを登録すれば、

ドライバーさんと、一切会話する事なく、目的地に行く事ができます。

日本出国前に登録完了しないと、一時パスワードが送られて来ないので、

登録が完了しません。

空港→ウラジオストク駅までは1,286ルーブル(約1,763円)程度でした。

60分程度で到着します。

最後に

3月上旬のウラジオストクはまだ雪が残り、歩道は凍結しています。

日中気温も5度以下、夜間は−10度でした。

街をあるいていると、手よりも、耳が痛くなります。

どこか室内に入れば、TシャツでもOKです。

旅を楽しむには、滑らない靴と防寒耳カバーが必要です。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店やホテルを中心に紹介しています。

TOPへ