ウラジオストク国際空港のショップ&レストラン

この記事はだいたい 7 分前後で読めます。

2020年3月、

ウラジオストク国際空港を利用しました。

非常にコンパクトな空港ですが、

不便は感じませんでした。

 

ただ、市内への移動手段は発展途上なところもあります。

鉄道は18:00くらいに終電となります。

タクシーアプリ「Gett」は必須です。

 

この記事では魅力あるウラジオストク空港内の

ショップ&レストランについて紹介します。

ウラジオストク国際空港 制限エリア外のショップ&レストラン

到着フロアは1階になります。

フロアにでると、かなりしつこく、タクシー、タクシー と声をかけられます。

 

3階出国フロアへのエスカレーターが空港中央にあります。

まずは、現金がないと、、、

エスカレーターのふもとにはATMがあります。

デビットカードやクレジットカードで、

現地通貨ルーブルをおろす事ができます。

緑色のATMを三菱UFJデビットカードで利用しましたが、

1ルーブル=1.68円、手数料110円でした。

 

中央に、一番目立つお店は

海産物を売る土産物屋でした。

 

エビやカニが並んでいます。

丸のままのタラバガニ3,000ルーブル(約4,178円)

 

ロシアといえば、イクラが有名です。ズラリと並んでいます。

 

珍味コーナーでしょうか?

スモークサーモン、タコ、ニシンの酢漬けが並んでいます。

ニシンの酢漬け1パック250ルーブル(約349円)

ホテルの朝食で食べたニシンの酢漬けが

最高に美味しかったので、買っとけば良かったです。

 

缶詰も並んでいます。安いです。

 

隣には、化粧品店

 

更に奥に進むと

はちみつ専門店

 

洋服屋

 

贈答菓子店

 

カフェがありました。

 

コンビニもありました

右一番奥の目立たないところにあります。

ロシアの水道は飲めませんので、

ここで水を買うのも、ひとつの手です。

 

今度は反対に歩いていくと

雑貨屋があります。

 

 これは、花屋です。

帰りの機内で花を持っている人が何人かいました。

 

飲食店もあります

カフェがあって、

 

ピザ屋があります。

 

このお店は品数豊富な料理が並んでいます。

飲食店は密集しています。

 

海外には珍しく、自販機がありました

よく見ると、いたるところに、ひらがなが書かれています。

日本製でしょう。

 

地下に食堂があります

この食堂は別記事で紹介しております。

家庭的なロシア料理がリーズナブルな価格で

食べられるおすすめのお店です。

 

3階に上がると

エスカレーターを上がると、まずBerがあります。

餃子が食べられる様です。

 

奥に進むと、お店が密集しています。

 

おもちゃ屋

 

薬局がありました。

 

貴金属店もあり、

 

コンビニがあります。

 

時計屋

 

この先が、出国審査になります。

制限エリア内には

アルコールやハチミツなどを売る免税店と

軽食を食べられるカフェが1件あるだけです。

 

ラウンジ発見!

大韓航空のラウンジがありました。

場所:搭乗口3の近く

 

入り口に何も書かれていなかったですが、

プライオリティパスで入る事ができました。

 

ノンアルコールは無料ですが、アルコールは有料で、

料理はあまりありません。

 

混雑はしていませんでした。

ゆっくりは出来ます。

この空港のラウンジは、ここだけのようです。

 

最後に

 

タクシーを利用して、空港と駅までを往復しましたが、

空港周辺には何も無いです。

 

1階と3階しか無い、非常にコンパクトにまとめられた空港ですが、

意外に時間は潰せて、楽しめます。

 

空港に入る時は、手荷物検査があります。

2レーンだけで並びますが、5分程度しか時間を要しません。

 

空港内は混雑していなかったので、自由に見たり、食べたりする事が出来ました。

 

今回、S7航空を利用しましたが、チェックインカウンターは1階でした。

3階にはチェックインカウンターらしきものは無かったので、

他の航空会社でも1階でしょう。

 

出国審査も手荷物検査も2レーンでした。

混んでいなかったので、10分程度で制限エリアに入る事ができました。

 

入国審査は5レーンくらいありましたが、

結構、待ちました。

質問はありませんでしたが、一人一人の審査が長い!

それぞれのブースには職員が男女ペアでいました。

めずらしい光景でした。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ