ホーチミンでPCR検査 体験記

この記事はだいたい 9 分前後で読めます。

2022年6月、
ベトナム・ホーチミンへ
海外旅行に行きました。

2022年6月時点、
日本から、ベトナム・ホーチミンへは、
パスポートだけあれば、入国ができます。

ベトナムでの入国審査は、スムーズで、
質問も提出書類もありませんでした。

完全にコロナ前の状況に戻ったと、言えます。

反対に
ベトナムから、日本へ帰国する際は、
ワクチン接種の有無に関わらず、

出国前72時間以内にPCR検査を受け、
陰性である事が求められます。

ベトナムの病院で、PCR検査を受けなければ、
日本に帰国する事ができません。

この記事では、
安心できるベトナム・ホーチミンの病院を予約し、
PCR検査を受け、日本に帰国するまでの
体験記を記載しています。

ホーチミンでPCR検査を受けた流れ

ホーチミンでPCR検査をし、
陰性証明書を受け取るまでには、

大まかに6つの行動が必要です。

病院を選ぶ旅行前
予約をする
病院を訪問する旅行中
支払いをする
PCR検査を受ける
病院に結果を取りに行く

順に、くわしく説明します。

病院を選ぶ

旅行2週間前に、PCR検査を受ける病院を選びました。

(選んだ条件)
・厚生労働省の所定フォーマットで検査証明書を発行してくれる
・日本語が通じる
・宿泊するホテルから近い

厚生労働省の所定フォーマットで検査証明書を発行してくれる病院は?

ホーチミンで、PCR検査を受けれる場所は、
数多ありますが、

厚生労働省の所定フォーマットで、検査証明書を
書いてくれない病院もあります。

そして、日本に入国できなかったら大変です。

そこで、
在ホーチミン日本国総領事館のホームページで、
紹介されている病院から、選ぶことにしました。

領事館が、厚生労働省の所定フォーマットで、
検査証明書を発行してくれる病院を紹介しています。

ホーチミン市内でPCR検査を受けることができる医療機関

1.当館で確認した医療機関
当館において、日本入国に当たり必要とされている検査証明書の要件を満たし得ることを確認しており、かつ、当館HPへの関連情報の掲載に同意した医療機関は以下のとおりです。なお、ベトナム語に不安がある方は、円滑な検査及び証明書発行のためにも、日越通訳が可能な方を同行されることをお勧めします。なお、下記の情報(特に検査実施時間、検査料金,証明書のフォーマット)は時折、変わり得ることから、発行される陰性証明書の記載事項が日本の厚生労働省が指定する記載事項に合致しているかどうかも含めて、帰国希望者ご本人様においてしっかりご確認ください。

出典:在ホーチミン日本国総領事館H.P.

 

日本語が通じる病院は?

在ホーチミン日本領事館の
ホームページでは、5つの病院が紹介されて
いました。(2022年5月時点)

その中で、
日本語が通じる病院として、

DYMメディカルセンターを
選びました。

日系の病院です。

ホームページによると、
日本人医師が常駐しているとの事です。

万が一、陽性だった時、
日本人医師が常駐している病院なら、
その後の対応も安心でしょう。

宿泊するホテルから近い?

DYMメディカルセンターは、
宿泊したロッテホテルサイゴンから、
徒歩15分(1.2km)の距離にありました。

近くて、便利!!

ホーチミン1区の中心部にある病院なので、
主要な他のホテルからも、徒歩圏内でしょう。

宿泊したロッテホテルサイゴンの
紹介記事は、コチラ↓↓↓

[sitecard subtitle=紹介記事 url=https://kyuedo.com/archives/3430 target=]

 

予約をする

PCR検査の予約は、
日本から出来ました。

在ホーチミン日本国総領事館のホームページに
予約方法:LINEまたはメールを推奨と書かれています。

ラインQRコードと、メールアドレスが
記載されています。

今回、メールで、病院に連絡しました。

シノダ
日本からの旅行者で、
◯月△日にPCR検査を受けたい

と、送信すると、

数時間後に、日本語で返信が来ました。

ご案内
(病院からのメール内容)
・パスポート番号、氏名、生年月日、性別を返信してください
・検査費用は、2,500,000VND(約14,455円)です
・検査結果は、検査翌日14時以降になります

検査費用が少し高いのが、気になりましたが、
安心・安全最優先なので、すぐにメールで返信し、
予約申し込みを行いました。

病院を訪問する

ベトナム・ホーチミンに到着し、
予約日時に、DYMメディカルセンターに向かいます。

DYMメディカルセンターは、

インターコンチネンタルホテルと
同じ建物の

mplazaという、商業施設の中に
あります。

スタバが目印で、
スタバ左の入り口から、ビルに入り、
地下に降りて行きます。

DYMメディカルセンターに到着!!

支払いをする

入り口で、パスポートを渡します。

病院には、
日本語が話せるスタッフが、何名かいました。

さすが、日系の病院です。
意思疎通が、とても楽です。

支払いは、現金の他、
クレジットカードが使えました。

PCR検査を受ける

PCR検査は、病院内ではなく、
目の前にある地下駐車場の一角で、
行われています。

鼻の奥に、長い綿棒を突っ込まれた後、
口を開けて、頬のあたりの唾液も、綿棒で採取されます。

人生初!!PCR検査
怖かったですが、痛くはなかったです。

あっというまに検査終了、ホテルに帰宅します。

AM10時に訪問しましたが、病院は、混雑しておらず、
病院滞在時は、15分くらいでした。

病院に結果を取りに行く

検査翌日の14時以降、
病院に検査結果を取りに行きます。

この日も、
病院は、混雑なく、
すぐに、検査証明書を渡してくれました。

そして、陰性でした!!

ちゃんと、
厚生労働省の所定フォーマットで、
検査証明書を発行してくれます。

紙で渡されますので、

すぐにMySOSアプリで
検査証明書の写真を撮り、
最後の帰国申請を行います。

検査証明書を送信してから、30分程度で、
アプリが、黄色表示から、グリーン表示になりました。

帰国手続き完了!!

これで、安心して、観光ができます。

[sitecard subtitle=紹介記事 url=https://kyuedo.com/archives/3517 target=]

 

最後に

ホーチミン滞在中に、
厚生労働省の入国者健康居所確認アプリ(MySOS)で、
帰国申請手続きを済ませる事をオススメします。

日本到着後、
空港内の、2〜3ヶ所で、
入国書類の提出を求められますが、
MySOSで、事前申請済みなので、

書類を引っ張り出すことなく、
ほぼ足止めされることもなく、
通過する事が出来ました。

もう一つ、
税関申告アプリも必須です。

2つのアプリがあると
足止めされなくなります。

着陸後、30分かからずに、
空港を出る事ができました。

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ