上海グルメを満喫!観光地「田子坊」周辺情報

この記事はだいたい 7 分前後で読めます。

2020年1月、

上海・打浦駅を訪問しました。

 

打浦駅周辺は、
上海を凝縮した
オススメの旅行地です。

 

魅力的な飲食店が沢山あり、
駅には、直結する観光名所
「田子坊」もあります。

 

駅周辺のホテルに宿泊し、
打浦駅周辺で、
色々な飲食店を見つける事が
出来ましたので、紹介します。

 

駅周辺のおすすめホテルは
コチラ↓↓↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=5 target=]

 

上海グルメを満喫するなら、打浦駅の駅ビル「日月光中央広場」がおすすめ

駅ビル「日月光中心広場」には
魅力的な飲食店が沢山入った
レストラン街があります。

大きなフードコートもあります。

食のテーマパークと言える規模です。

上海各地を訪問しなくても、
日月光中央広場で、
上海名物料理を楽しむ事ができます。

 

まずは、「小楊生煎」で生煎(焼き小籠包)を

上海グルメといえば、
代名詞に小籠包が
あげられますが、

焼き小籠包で有名なお店、
「小楊生煎」も出店していました。

場所:地下2階のフードコート内にあります(すき家の隣り)

並ばずに買う事ができましたが、
中国の若者で混雑している
人気繁盛店です。

 

席が埋まっていましたが、
待っているとすぐに座る事ができました。

 

値段:焼き小籠包5コ 13元(約204円)

入り口のレジで注文し、
少し奥の厨房前で待ちます。

 

会計は、
スマホアプリ「アリペイ」で
支払う事ができます。

このアプリ、日本人でも、
中国に口座がなくても
使える様になりました。

 

上海での食事、
コンビニでの会計、
タクシー、地下鉄利用で、

必ず利用するので、
上海に行くなら、
インストールすることを
おすすめします。

このアプリがあれば、
上海では現金を
持ち歩かなくても大丈夫です。

生活必需品です。

あまり待つ事5分、
厨房から焼き小籠包が
手渡されました。

 

評価:値段は安く、美味!

  •  外はカリカリ
  •  皮は厚く、食べ応えがあります
  •  肉汁たっぷりでアツアツ
  •  大きさは銀だこのたこ焼きより少し大きめ、豚肉がズシっと入ってます

上品な料理ではありませんが、
その人気に納得する味です。

ビュっと肉汁があふれますが、

厚みのある皮で、
皿に、こぼれた肉汁を
吸わせて食べました。

焼いた小籠包なので、
カリッとした表面の食感と

ジュワッとして
モチモチの生地の食感が

強弱の食感のコントラストを産み、
本当に美味しいです。

そして何より、価格が安い!

上海のファーストフードです。

しっかり食べたいなら、オススメはこのお店!

地下2階の駅からの
入り口付近にあります。

残念ながら店名が読めませんが、
安価な飲食店です。
店内もキレイです。

お洒落なカウンター席があり、
一人でも入り安いお店です。

 

このお店も、
アリペイで支払いができました。

 

朝は10時からOPENしており、
連日、訪問し、朝食を食べました。

 

おすすめ料理1つ目

30元(約471円)

左上から「油揚げの醤油煮」「蒸し玉子」「プチトマト」「メインのワンタン」「餃子の皮で餅米と切干し大根を包んだ蒸し物」「春巻き」「薄いパンの様な小麦粉を焼いた生地」

 

ワンタンを主食に、
色々なおかずが楽しめるセットです。

 

あっさりとしたスープで、
ひき肉がたっぷり詰まったワンタンを

これでもかっ!って位、
沢山食べられます。

 

おすすめ料理2つ目

39元(約612円)

 

大きな餃子の様なワンタンが
10個程度はいっています。

ハンバーグ2個くらい、
ひき肉を食べた気がします。

スープとのマッチングが最高です!

 

肉の臭みを感じず、
嫌な脂も感じず、
かなりボリューミーなのに、
サラッと食べてしましました。

不思議です。

今回の旅行ではNO.1の
料理でした!!

 

ココは観光地「田子坊」に隣接しています

日中よりも、
日が落ちてから、
訪問してください。

夜の方がキレイだと
思います。

 

この観光地は、
人が少なく、おすすめです。

 

経済都市・上海の街並みは、
東京とあまり、変わりませんが、

この田子坊は、
100年前の中国に、
引き込んでくれます。

 

タイムスリップした様な、
レトロな街並みを、
ゆっくり、のんびり歩く事が、
駅周辺で、出来ます。

 

最後に

打浦駅周辺は、
狭いエリアの中でも、
上海グルメと観光名所が
楽しめる街です。

空港から
地下鉄で1時間程かかる事が
難点ですが、

物価が安く、
駅周辺には
安価で豪華なホテルもあるので、

短い連休でも、
リフレッシュしたい時には
おすすめです。

 

駅周辺のおすすめホテルはコチラ

[sitecard subtitle=関連記事 url=5 target=]

Wrote this articleこの記事を書いた人

シノダ

外食企業でメニューを作る仕事に関わっています。日々、色々な食材に出会い、試食を繰り返す毎日です。「シノダの森ブログ」では、国内外問わず、コスパの良かった飲食店や宿を中心に紹介しています。

TOPへ